Q-CORE 

集中する多くのトランザクションをセキュアに処理。
交通決済&認証に特化した、シンクライアント処理用サーバ。

交通系サービスの決済認証に特化した
シンクライアントサーバ。

決済や認証など、大量のトランザクションが同時に発生する交通用途で必要な高速・高セキュリティ処理を、カードーサーバ間リアルタイムに実現するサーバ製品です。暗号処理機能はサーバ側となり、改札機等に設置されたリーダの管理コストが抑えられるほか、セキュリティメンテナンスを容易とします。

高多重でも高速な処理を実現する、
当社独自のSAMチップを搭載。

当社は、独自のサーバ専用SAMチップを開発。市場のプリペイド型交通系ICカードの入れ替えをせず、交通利用のお客様の使い勝手はそのままに、高速な認証・決済処理を実現しています。

主な導⼊企業

沖縄都市モノレール株式会社様 「ゆいレール」

Q-COREが沖縄都市モノレール線の改札機等のシステムに導入され、2020年3月10日より稼働を開始いたしました。このシステムは、Suicaをはじめとする全国相互利用対応のIC乗車券の改札機等での利用をシンクライアント型システムで実現した初の事例となります。
※「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です 。